蜂の巣対策の救いの手|被害を増やさない為に蜂退治をしよう

アレルギー持ちの人は注意

だに

退治してきれいにしたい

四季があり、梅雨という季節がある日本では、ダニは切っても切れない関係があります。日本に生息するダニは数種類いますが、代表的なものはマダニ・ヒョウヒダニ・コナダニ・ツメダニ・イエダニというダニです。特にマダニは大型で、肉眼でも見えるサイズの大きさです。マダニは公園などの野外に多く生息し、肌が出ていると刺されることがあります。野外に長時間いる場合は、長そでを着用し虫よけスプレーなどで対応することが大切です。ダニはアレルギーの原因になり、約8割がダニが原因のアレルギーであると言われています。ダニ駆除をすることにより、アレルギー源を断つことになります。ヒョウヒダニは人を刺すことはしませんが、アレルギーの原因になり、ダニ駆除が必要です。

湿気対策が必要

ヒョウヒダニの体や死骸・糞などがアレルギーの原因になります。コナダニは人を刺すことはありませんが、コナダニが増えるとツメダニが繁殖します。ツメダニは人を刺し、刺咬症やアレルギーの原因になるため、ダニ駆除が必要です。ダニ駆除には、部屋の徹底した掃除が必要です。カーペットを定期的に掃除機をかけることや、ぬいぐるみなどダニの温床になりやすいものを置かない・カーテンも洗濯するなどが必要です。また、ダニ専用の燻煙材などを使いダニ駆除をすることも有効です。どんな家にもダニは必ず発生するものですが、数を減らし繁殖を防ぐ工夫が必要です。布団を天日干しにすることや、風通しを良くして湿気対策をすることが大切です。また、自分で駆除する時間が取れないと考えている方は、駆除業者に依頼するのもいいでしょう。業者なら効率的に駆除を進めていくことができます。