蜂の巣対策の救いの手|被害を増やさない為に蜂退治をしよう

早めの駆除がおすすめです

トコジラミ

南京虫ってどんな虫なの

南京虫とはトコジラミのことで、吸血する昆虫です。咬まれると激しいかゆみに襲われます。夜になると活発に活動を始めるので、夜中寝ているときに咬まれてしまい、かゆみで目が覚めることも多いのです。南京虫は成虫になると、5ミリから8ミリ程度の大きさになるのですぐに見つけることができるのですが、問題なのは幼虫の時なのです。大きさも1ミリから2ミリと非常に小さいので見つけにくいだけではなく、色も薄いので室内では見つけにくく、おまけに成虫のように血を吸って成長するため厄介な虫と言えるでしょう。原因が南京虫だとわかったらすぐに南京虫駆除を始めることをおすすめします。どんどん増えていくので早めに南京虫駆除を始めましょう。

駆除するときのポイント

南京虫駆除は、市販の薬剤でも対応できる場合がありますが、あらゆる場所に生息している場合があるので南京虫駆除の専門業者に依頼することをおすすめします。南京虫は狭く、暗い隙間を好んで潜伏していますが畳や床板などの隙間に潜んでいることが多いのです。南京虫のフンが付着することで色が黒ずんでくるので、すぐに南京虫が生息している場所を見つけることができます。ですから、南京虫が生息しているところを重点的に駆除することが大事です。南京虫は汚い場所に生息しているイメージがありますが、例えきれいにしていても室内に入り込めば数を増やしていきますので、「うちはきれいだから大丈夫。」と安心してはいけません。見つけたら早めに駆除しましょう。